田舎で働く新聞記者の日記

抗がん剤エリブリンを日米欧で承認申請―エーザイ(医療介護CBニュース)

 エーザイは3月31日、自社創生の抗がん剤エリブリンについて、局所進行性・転移性乳がんの適応で、日米欧の各当局にそれぞれ承認申請を行ったと発表した。同社ではエリブリンを、最主力品のアルツハイマー型認知症治療薬アリセプトが11月に米国で物質特許を失効することに伴い予想される収益減をカバーする薬剤の1つに位置付けている。

 今回の申請は、グローバルで実施したフェーズ3試験の結果に基づく。試験は、局所再発性・転移性乳がんの患者で、アントラサイクリンやタキサン系抗がん剤を含む、少なくとも2種類のがん化学療法の治療歴がある762人を対象に実施。がん治療の適応を持つ単剤化学療法やホルモン療法などを実施した「治験医師選択療法施行群」と「エリブリン投与群」の2群に患者を分け、全生存期間などを比較した。

 その結果、エリブリン投与群の全生存期間は、治験医師選択療法施行群よりも2か月以上、統計学的に有意に延長した。エリブリン投与群で認められた副作用は、▽無力症▽好中球減少症▽脱毛症▽悪心▽末梢神経障害―など。このうち、患者のQOL(生活の質)を低下させるといわれている末梢神経障害では、重篤な症状(グレード3、4)の発生頻度が10%未満と治験医師選択療法施行群よりも低く、良好な忍容性を示した。

 エーザイでは、タキサン系抗がん剤などによる前治療歴のある進行・再発乳がんの患者を対象に日本で実施したフェーズ2試験でも、エリブリン投与群で高い効果と良好な忍容性が示唆されたとしている。

 エーザイによると、世界では現在、検診の普及した北米や欧州を中心に、毎年100万人が乳がんと診断されている。日本人の乳がん罹患率は、人口10万人当たり33人だという。


【関連記事】
日本事業がグローバル成長をけん引―エーザイ
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ
米バイオベンチャーを227億円で買収へ―エーザイ
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)

「日本政府規制に乗り出すべき」 CNN「ヘンタイゲーム」批判特集(J-CASTニュース)
<唐招提寺>第86世長老に堀木教恩師(毎日新聞)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下−文科省(時事通信)
<掘り出しニュース>高岡市、「家持くん」と「利長くん」に住民票(毎日新聞)
<上関原発>島民らの妨害を禁止 山口地裁支部(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-04-05 16:33

積極的な外国人受け入れを 法務省が出入国管理計画(産経新聞)

 法務省は30日、今後5年間の出入国管理政策に関する第4次出入国管理基本計画をまとめた。人口減少を踏まえ、「積極的な外国人の受け入れ施策を推進する」との方針のもと、専門的な知識や技能のある外国人を受け入れやすくする優遇措置を掲げた。一方、不法滞在の摘発強化や、景気低迷で日本に来た日系人失業者が増加している現状を受け、日系人の入国要件は厳格化すべきだとした。

 第4次計画では、外国人受け入れ促進のため、法務省令で歯科医師6年、看護師7年と定めている就労期間制限の撤廃検討などが柱。少子高齢化の進展で、社会保障関係の人材確保のため見直しが必要と判断した。日本の大学を卒業して資格を取った介護福祉士についても、基本的には認めていない日本での就労を許可する方針も打ち出した。

 さらに、国際競争力強化のため外国の学者、技術者、経営者の研究実績や学歴などを点数化し、一定水準に達すれば「高度人材」として永住許可などで優遇する「ポイント制」導入の検討を提唱した。

 このほか、(1)日系人の子供の就学促進のため不就学が判明した場合は市区町村に通知(2)技能実習生に対する賃金不払いやパスポート取り上げなど不正行為への厳格対応(3)平均1年以上に及ぶ難民認定審査短縮のために目標期間設定の検討−なども明記した。

 法務省は計画実現のため入管難民法などの関係法令の点検などに着手、早ければ来年の通常国会に関連法案を提出したい考えだ。

【関連記事】
無償化と子ども手当 疑問多い外国人への支援
観光立国 呼び込め外国人
進むボーダーレス化 その瞳は、国境を超えて
少子化、人口減少…日本経済、繁栄持続の道は
都市間競争はコンパクト化で 少子高齢社会の都市整備
あれから、15年 地下鉄サリン事件

強姦致傷被告に懲役21年、裁判員「涙が出た」(読売新聞)
第1回「言語力検定」1万人受検、36%合格(読売新聞)
平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)
岩手県発注工事で80社の談合認定=指名停止に「減刑嘆願」も−公取委(時事通信)
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-03-31 21:41

インフル定点、8週連続で減少(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、3月15-21日の週は0.41で、全国的な流行の指標となる「1.0」を3週連続で下回ったことが26日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。前週より0.1ポイント減り、8週連続の減少となった。


【都道府県別の表詳細の入った記事】

 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、32都道府県で前週よりも減少。1.0を上回ったのは富山(2.23)、佐賀(1.97)、岩手(1.88)など6県だった=表=。

 警報レベルを超えた保健所地域は5週連続でゼロ。一方、注意報レベルのみを超えた保健所地域は3週ぶりに1か所(富山)あった。


【関連記事】
インフルでの入院、9週連続で減少
B型インフル、検出続く―注意必要と感染研
インフル患者、7週連続で減少
GSK社製2368万回分を解約、違約金なし―輸入新型ワクチン
新型含む3価インフルワクチン製造へ―厚労省方針

<未成年後見人>「分析したい」長妻厚労相(毎日新聞)
小・中学生が利用する携帯電話キャリアに男女間で違い――バンダイナムコゲームスとネットマイルが調査
ロイヤルホスト、80年代のメニュー復活(産経新聞)
<ネット人権侵害>過去最多を更新 前年比52%増(毎日新聞)
自立支援法訴訟、和解成立=全国に先駆け12人−さいたま地裁(時事通信)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-03-29 19:36

提供したくない臓器に×=脳死移植、新様式で意見募集−厚労省(時事通信)

 改正臓器移植法が7月に全面施行されるのに伴い、厚生労働省は23日、新たな臓器提供意思表示カード(ドナーカード)の様式案をホームページに掲載し、一般からの意見募集を始めた。提供したい臓器に「○」をつける方式から、したくない臓器に「×」をつける方式に変更する。
 改正法では、本人が拒否の意思を示していなければ家族の意思のみで脳死状態での臓器提供が可能となるため、拒否の意思の確認が重要となる。
 これまでは(1)脳死後に提供(2)心停止後に提供(3)提供しない−の3項目だったのを、▽脳死後、心停止後いずれも提供▽心停止後に限り提供▽提供しない−に改め、1項目だけに「○」をつけてもらう。
 さらに(1)と(2)の項目それぞれに臓器名を記載していたのを一括し、「提供したくない臓器があれば×を」とした。 

【関連ニュース】
小児専門病院を臓器提供施設に=「5類型」提案
余命半年、14歳少女に心臓移植を=両親や主治医、募金呼び掛け
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録
86例目の脳死移植実施
85例目脳死移植を実施=大阪大など5病院

高松塚古墳 保存まずく壁画劣化 文化庁検討会が報告(毎日新聞)
<東京電力>福島原発の稼働延長など申請 運転40年迎え(毎日新聞)
支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り−北海道(時事通信)
公明・神崎元代表引退へ=衆院任期前に、坂口元厚労相も(時事通信)
<不正経理>神奈川県が職員1721人を処分 給料返納など(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-03-27 12:12

政府、米と地元に移設案を非公式打診へ(読売新聞)

 北沢防衛相は18日、読売新聞のインタビューに応じ、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設問題について「(案を)表に出す以前に地元や米側との内々のすりあわせが必要になる。両方の合意がなければ、まとまりきらない」と述べ、政府が近く米政府と沖縄など関係自治体に移設案を非公式に打診する方針を明らかにした。

 防衛相は「地元が沖縄だと断定しているわけではない」としたうえで、「こちらが一方的に作っても受け入れ側が拒否すれば、案のまま立ち消えになる」と述べ、地元の理解を最重要視する考えを強調した。地元との調整は平野官房長官、対米交渉は岡田外相の役割が大きいと表明した。

 一方、中国海軍が東シナ海で活動を活発化させていることに関連し、沖縄県与那国島に陸上自衛隊部隊を配置する構想について「監視能力や抑止力の観点からどの程度のものを持っていくか、(検討を)急いでもいい」と前向きの姿勢を示し、近く同島を視察する考えを明らかにした。

 今年末に予定される防衛計画の大綱改定での武器輸出3原則の扱いについては「防衛産業の生産性を維持するために何をすべきか、民間から提案してもらいたい」と述べ、企業側と今後も突っ込んだ議論をしていく方針を表明した。

<大学・短大認証評価>愛知学院大法科大学院は「不適合」(毎日新聞)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
法人税下げ、参院選公約に=大塚内閣府副大臣(時事通信)
雑記帳 メタボ「月光仮面」が日光PR(毎日新聞)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-03-25 23:38



新聞記者の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧