田舎で働く新聞記者の日記

日本の心支える川口 ここ一番の強さと経験注入する主将 サッカーW杯(産経新聞)

 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会がいよいよ開幕する。直前まで不振が続いた日本代表にとって必要なのは「精神的支柱」。岡田武史監督から「キャプテンシーを発揮してほしい」と招集された“第3のGK”でチームキャプテンの川口能活(よしかつ)(34)の真価の見せどころだ。「日本代表に勢いを」。恩師らは川口のリーダーシップに期待をふくらませている。(高久清史)

 代表が発表されてから数日後の5月中旬、川口は母校、清水商(静岡市清水区)近くのすし店にいた。元代表の名波浩(37)、代表からもれた清水エスパルスの小野伸二(30)ら同校のOB、そして恩師である同校サッカー部の大滝雅良監督(58)が一緒だった。

 「伸二の残念会と、能活の激励会をやろう」

 大滝監督の一言で実現したのだ。

 「僕は選ばれてもいいんでしょうか」

 激励会の終わり間際、川口はこっそりと大滝監督に相談した。大滝監督は即答した。

 「ただうまい、ただ強いで選手の評価が決まるわけではない。みんながガムシャラに戦うだけじゃだめなんだ。能活が必要なんだ。胸を張れ」

 川口は「はい」と恩師の言葉にうなずいたという。

 昨年9月のJリーグの試合で右脛骨(けいこつ)折の大けがをして以降、川口は一度も公式戦に出場していない。約2カ月間の入院生活で足はやせ細ったが、リハビリに付き添ったジュビロ磐田のトレーナー、阿部貴弘さん(32)は「いつも『もっと(ハードな練習を)できるんじゃないか』と言っていた。あの精神力、意欲はすごい」と振り返る。

 川口は苦しみながらも、ピッチの外からチームメートを支えた。「チームが不振のとき、いろいろな選手が川口さんに近づき、『こうした方がよかったですか?』と試合のことを相談した」。阿部さんは川口のことを「チームから一目置かれる存在」と表現する。

 「チームキャプテン」の役割とは何か。スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「精神的な支柱になること」と指摘した。その上で、「川口はアトランタ五輪(1996年)のブラジル戦で勝利の立役者となり、フランス大会からW杯代表に選ばれ続けた経験力がある」と評価。過去に欧州のチームに移籍したが出場機会に恵まれなかった経験や、今回の大けがを挙げ、「挫折も味わい、苦しい状況で何を考えるべきかを知っている。若い選手をしかり、ほめて、精神面をケアしてほしい」と語った。

 大滝監督は「川口には精神的な包容力と、ここ一番の強さがあった。W杯で接着剤となって若い人をまとめてほしい。チームがまとまって勢いがついたとき、勝つチャンスが生まれる」と期待をこめる。

 阿部さんも「奇跡を起こし続けた人。今回も何かやってくれる」と確信している。

京急でも駅員が不正乗車=通勤区間の一部でキセル(時事通信)
代表質問 谷垣総裁「バラマキ政策撤回を」(毎日新聞)
仙谷・枝野・玄葉3氏、カレーで意見交換(読売新聞)
谷垣総裁、参院選与党過半数なら辞任(読売新聞)
<雑記帳>南アW杯での勝利願い「我居るど勝歩弁当」 宮城(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-06-18 08:38

<不審火>神戸市垂水区の中学校で壁や天井焼く 火の気なし(毎日新聞)

 4日午前4時40分ごろ、神戸市垂水区桃山台4の市立桃山台中学校の校舎から出火。鉄筋(一部木造)4階建ての2階の教室で木製棚(高さ1メートル)や壁、天井など計約35平方メートルを焼き、午前6時すぎに消えた。火の気はなく、兵庫県警垂水署は不審火とみて調べている。

 同署によると、焼けたのは3年生の教室。棚の中心付近から出火したとみられるという。2〜4階の廊下や教室の窓ガラス20〜30枚も割られていた。同校は3日午後9時半以降は無人で、校舎1階の数カ所の入り口が無施錠だったという。

 先月21日にも同校校舎の窓ガラス9枚が割られているのが見つかった。【金森崇之】

【関連ニュース】
ドン・キ放火:従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし
放火:自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川
鴻臚館跡事務所火災:連続放火の疑い 付近で5件の不審火
放火:銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形
ドン・キホーテ放火:損賠訴訟 従業員遺族の請求棄却−−さいたま地裁

自民は「風の変化」を警戒(産経新聞)
<わいせつ行為>アートコーポレーション寺田会長を書類送検(毎日新聞)
「参院選厳しい」は共通認識=首相はしっかり対応を―菅財務相(時事通信)
郵政法案たった6時間で強行採決 野党激怒「前代未聞の暴挙」(J-CASTニュース)
<衣替え>「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-06-07 21:13

参院比例に元レーサー=みんな(時事通信)

 みんなの党の渡辺喜美代表は21日午後の記者会見で、夏の参院選比例代表に、元レーサーで、レーシングチーム運営会社の会長を務める舘信秀氏(63)を擁立すると発表した。舘氏は1972年、自動車レースの日本グランプリで優勝。また、元F1レーサーの鈴木亜久里氏を指導した。同党の参院選候補は選挙区15人、比例12人の計27人となった。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜政府、5月決着を断念〜
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

民主・小林千代美氏、北教組事件で議員辞職へ(産経新聞)
対北制裁強化を=自民(時事通信)
プライマリ・ケア学ぶ学術大会、6月開催(医療介護CBニュース)
卓上フラッグで「みどり33」PR(産経新聞)
「種牛ビジネス」精液は高値取引(産経新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-05-28 21:29

口蹄疫 殺処分11万8000頭 ワクチンで感染抑制 宮崎県知事、非常事態宣言(産経新聞)

 宮崎県で家畜の伝染病、口蹄(こうてい)疫が拡大している問題で、農林水産省は18日、東京・霞が関で専門家が防疫対応を提言する「牛豚等疾病小委員会」を開催し、拡大防止のために口蹄疫の症状を抑えるワクチンの使用を検討すべきだとの結論をまとめた。宮崎県では同日、新たに15カ所で感染疑い例が判明し、殺処分対象は1市4町の計約11万4千頭に拡大。東国原英夫知事は感染拡大防止と早期撲滅のため非常事態宣言を発令した。

 ■農水省が接種検討

 委員会終了後、委員長代理の寺門誠致(のぶゆき)共立製薬先端技術開発センター長が会見し、対応策を明らかにした。農水省はワクチンを使用する地域や対象の家畜などについて検討に入った。近く最終判断する。

 国内でのワクチン使用は前例がなく、予防効果が不確かなことなどから同省はこれまで消極的だった。だが、移動制限や殺処分といったこれまでの対策にもかかわらず、感染拡大が止まらないことから、委員会は次の段階に移る必要があると判断した。

 家畜へのワクチン接種はウイルスの体外への排出を抑制し、ほかの家畜に感染しにくくする効果がある。発症のペースを落とし、殺処分を計画的に行うことができるメリットもある。

 家畜はワクチン接種後に殺処分するとした上で、現在は感染ペースに処分が追いついていないことから寺門氏は「計画的に処分する時間を稼ぐ使い方だ」と説明した。ワクチンは約70万頭分の備蓄があるという。

 委員会では、一定の地域を決め、感染の疑いがある家畜だけでなく、疑いのない家畜も含め予防的に「全頭処分すべきだ」との意見も出されたという。予防的な殺処分には、家畜伝染病予防法の改正や、特別措置法の制定が必要となる。赤松広隆農林水産相は同日午前の閣議後会見で、「人の財産権を侵す話で、物理的にも無理がある」と否定的な見解を示していた。

 委員会に先立ち、東国原知事は「拡大を止めることができない状況だ。全国にも感染が拡大する可能性を否定できない」として、非常事態宣言を発令。口蹄疫の発症地域では、車両の消毒を畜産農家以外の一般車両にも徹底し、発症していない地域も同様に、イベントの延期や、不要不急の外出の自粛などを呼びかける。

 総務省は同日、感染防止のため家畜を殺処分した農家に対し、地元自治体が損失補填(ほてん)した場合は全額を特別交付税で手当てすることを決めた。

                   ◇

【用語解説】口蹄疫

 牛や豚、羊など偶蹄(ぐうてい)類(前後の足の指が2本、4本など偶数)の哺乳(ほにゅう)動物に感染するウイルス性の家畜病。急性で強い空気感染力があるのが特徴。発症すると、口とひづめに水疱(すいほう)ができ、発熱やよだれなどの症状が出て衰弱する。人間にはうつらず、感染した動物の肉を食べたり、乳を飲んだりしても人体に害はない。英国では2001(平成13)年に大流行し、豚、羊などを含め約650万頭を殺処分する事態に発展。同12年に宮崎県と北海道で発生した際は、740頭を殺処分した。

侵入者を追跡、車から振り落とされた男性死亡 出頭男2人逮捕へ(産経新聞)
マツダ井巻会長が退任、山内社長が会長兼務へ(レスポンス)
中小企業の健保負担 大企業“肩代わり” 改正法成立(産経新聞)
もう一つのW杯、弁護士サムライ熱く 大阪弁護士会の“得点王”が最終調整(産経新聞)
<無煙たばこ>東京限定発売 「一服」認める?分かれる対応(毎日新聞)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-05-20 13:36

皇后さま 赤十字大会に出席(毎日新聞)

 皇后さまは12日、東京都渋谷区の明治神宮会館であった今年の全国赤十字大会に出席した。皇后さまは日本赤十字社の名誉総裁。名誉副総裁の秋篠宮妃紀子さま、常陸宮妃華子さま、高円宮妃久子さまも同席した。

 全国から約2000人が参加した。皇后さまは、活動で功績があった人に贈られる有功章の受章者にメダルと賞状を授与した。今年の受章者は個人11人と2法人だった。その後、皇后さまは、1月に起きたハイチ地震の際に現地で医療活動をした日赤医療チームの活動報告などに聴き入った。

<ハーシェル宇宙望遠鏡>巨星の誕生撮った…画像を公開(毎日新聞)
<パロマ中毒死>11日判決 遺族「安全対策の不備認めて」(毎日新聞)
岐阜で全国最高32.3度=真夏の暑さ続く−気象庁(時事通信)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ−普天間(時事通信)
診療行為別調査を15日から開始―保団連(医療介護CBニュース)
[PR]
# by ejjweyfd2t | 2010-05-13 02:13



新聞記者の平凡日記(記録用)
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧